スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理論16) 全特能実査定調査 (終)

さて、前回の記事で、空数1〜14のパターンをお示ししました。

今回は、これを用いて、全ての特能の実査定値を調査していきます

戦略の最終段階ですね
21-1.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

理論15) 空数1〜14のパターン

お久しぶりです。

さてさて、前回の記事でようやく、戦略の第一段階(下図を参照)に選んだ特能の実査定値が出揃いました
21-1.jpg

もう一度書きますと、

基礎4AAEEEE=488
PH/AH/広角/チャ◎/対左◎/ケガ◎/キャ◯=59
チャ◯/対左◯=39
ケガ◯=35(但しチャ◯/対左◯/ケガ◯が同時に揃った時は更に+1)


また、この組み合わせを使うと、必然的に、

キャ◎=62

が得られます(もう一つの候補となっていたキャ◎=61が不適なため)


今回は、これを用いて、第3段階の「空数1〜14のパターン」を作ってみましょう!

続きを読む

理論14) 小数値の導入

ここはちゃちゃっと行った方がいい気がするので、続き書きますね!

前回の記事で、条件を全て満たす整数値の実査定値は存在しないことがわかりました。


ではどうすれば良いのか?

続きを読む

理論13) 境界条件を満たす実査定値の組み合わせ

こんばんは

理論編もそろそろ佳境です。
今日は、前回の記事で絞り込んだ実査定値候補を使って最終値を選定しようというお話です。

まず、前回お示しした通り、現在の候補がこれです。
28-4.jpg

この値からどうやって最終候補を絞り込めばよいのか...

続きを読む

理論12) 実査定値の網羅的な絞り込み

前回までで、実査定値の候補をある程度まで絞ることが出来ました。

もう一度書きますと、

初期値 488 ± 1 (端数 12 ± 1)
パワヒ、アベヒ、広角、チャ◎、対左◎、ケガ◎、キャッチ◯ = 59
チャ◯、対左◯ = 39
ケガ◯ = 35 or 36 or 37
キャッチ◎ = 60 or 61 or 62


一つ付け加えておくと、59特能以外の候補は、初期値の±1の部分の誤差により変動します
これは、初期値と59特能を用いて空数のパターンを作ったことが原因です(初期値の変動により空数のパターンが変動します)。

より正確に候補を挙げるなら、

初期値487(端数11)のとき
チャ◯、対左◯ = 39 or 40
ケガ◯ = 36 or 37 or 38
キャ◎ = 61 or 62 or 63

初期値488(端数12)のとき
チャ◯、対左◯ = 39
ケガ◯ = 35 or 36 or 37
キャ◎ = 60 or 61 or 62

初期値489(端数13)のとき
チャ◯、対左◯ = 38 or 39
ケガ◯ = 34 or 35 or 36
キャ◎ = 59 or 60 or 61

つまり、これらの数値の組み合わせの内のいずれかが最適値(実査定値)であるはずということになりますね。

組み合わせの総数は
(2+1+2)x3x3 = 45 通り
あります。


けっこう多い数ですね(汗)


そこで、今日は、網羅的な解析をすることで、ここから一気に候補を絞っていきます。

続きを読む

Search form
最新実査定表

野手基礎能力 実査定表

1/22/17更新

170122基礎

 

野手青緑特 実査定表

1/4/17更新

image1-3-2.jpg

 

野手金特 実査定表

1/14/17更新

image1-5.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
リンク
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。