スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理論11) ケガ◯、キャッチ◎について

前回の記事の最後で、次回はキャッチ◎についてと言いましたが、最近ペースが遅い感があるので、早く次ぎに進むために、ケガ◯とキャッチ◎はまとめてやります

端的に言うと、ケガ◯とキャッチ◎は同査定特能が無かったので、実査定値候補は、この段階では3つまでしか絞れません4/1の記事で述べたように)

実際に調べたものを示すとこのような感じです
27-1-2.jpg

表から読み取るに、
ケガ◯の端数は7 or 8 or 9 (実査定値35 or 36 or 37)
キャッチ◎の端数は4 or 5 or 6(実査定値60 or 61 or 62)

ということになります。

とりあえずこれで候補が出揃いました。
まとめると

初期値 488 ± 1
パワヒ、アベヒ、広角、チャ◎、対左◎、ケガ◎、キャッチ◯ = 59
チャ◯、対左◯ = 39
ケガ◯ = 35 or 36 or 37
キャッチ◎ = 60 or 61 or 62


となっています。

この程度まで絞れば、組み合わせ数はそれほど多くありません。なので、選手を沢山作り、全てに当てはまる実査定値を網羅的に調べて行けばよい訳です(そうすることで、これまでの種々の仮定の正当性も同時に証明できます)。

ようやく、この戦略の第二段階まで来たことになりますね。
21-1.jpg

ということで、次回からそちらの話に入っていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Search form
最新実査定表

野手基礎能力 実査定表

1/22/17更新

170122基礎

 

野手青緑特 実査定表

1/4/17更新

image1-3-2.jpg

 

野手金特 実査定表

1/14/17更新

image1-5.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
リンク
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。